『中小企業における銀行対応の指針』…銀行は成長拡大期のパートナーと位置付けましょう。

銀行は社会的に大きな役割を期待されており、時には批判の対
象になります。しかし、経営者にとっては、銀行がどうあるべ
きかを議論することに意味はなく、今ある銀行とどうお付き合
いするかを考える方が重要です。

◆銀行は救済機関ではありません。
「銀行は、業績が悪化して困っている企業にお金を貸すのが仕
事だ。」とおっしゃる経営者様がいます。確かに、銀行にはそ
のような役割も期待したいところですが、税金を扱う行政では
ありませんので、現時点では難しいと感じます。銀行は資金繰
りが悪化した時に助けを求める救済機関ではないと位置付けて、
資金繰りが悪化する前に最大限調達をしておく必要があります。

◆銀行は新規事業のパートナーとして相応しくありません。
「新しい商品を開発するための資金を銀行が出してくれない。」
とおっしゃる経営者様がいます。銀行は、以前に比べると新規
事業への取り組みに積極的になっていますが、まだまだ不十分
です。新規事業への融資はリスクが高いため、今後も現状は続
くと思われます。銀行は新規事業のパートナーとして相応しい
とは言えないため、リスクの高い新規事業は、自己資金と公的
な金融機関で対処するのが一般的です。

◆銀行は事業拡大資金を提供してくれるパートナーです。
「銀行は実績ばかり言ってくるが、実績があったらそもそも借
入なんかする必要はない。」とおっしゃる経営者様がいます。
銀行と経営者様がボタンを掛け違える大きなポイントです。多
くの経営者様は、「資金繰りや新規事業のために仕方なく融資
を利用するが、事業が軌道に乗ったら融資は返すもの。」と考
えています。一方、銀行は、「実績が出た事業をさらにスケー
ルさせるためには資金が必要でしょう。」と考えています。経
営者側は0を1にする資金を想定しているのに対して、銀行側
は1を5にする資金を想定しています。

銀行(プロパー融資)は、成長拡大の際に最も力を発揮します。
困ったときに頼る救済機関であるという考えを改めて、ダイナ
ミックな事業展開を行うためのパートナーと位置付けてお付き
合いしましょう。

ニュースレターの最新記事

新着情報